神奈川県横浜市で活躍する介護ヘルパー

神奈川県横浜市で活躍する介護ヘルパー

世界にも例のない高齢社会にある日本では、
介護の資格を持った専門家が常に求められています。
訪問介護やデイサービス、ショートステイは、高齢者が自宅を生活の拠点としながら、
必要なサポートやケアを提供することで、
利用者や家族の人々が快適に過ごせることを目指すものです。
食事から着替え、トイレや入浴の介助などのほか、
外出やレクリエーションをサポートする介護士の仕事は、
人に奉仕することで笑顔と感謝が得られる尊い職業と言えます。
住みやすさで人気の高い神奈川県横浜市には、
介護士がやりがいを持って職務に励める優良な求人が多数あります。
介護の資格を活かし、笑顔と誠意で社会貢献を願う人材が、
いま本当に求められているのです。

最近、様々な機会でよく耳にするようになった訪問介護という言葉ですが、訪問介護とは、介護が必要な人のお世話を、あらかじめ登録されている利用者の自宅で行うサービスのことです。

・・・つづきはこちら

デイサービスとは、食事や入浴などの生活援助を受ける場であり、閉じこもりがちな高齢者が外出をして、家族以外の人と交流する機会の場であるというような目的を持った施設です。

・・・つづきはこちら

ショートステイは、日中を施設で過ごす利用形式で、利用者の方同士で刺激を受け、生活の質の改善と、痴呆の進みを抑える効果も期待できます。施設での入浴や食事などのお世話をサポートします。

・・・つづきはこちら

高齢者が増えてきたこともあって、自然と要介護者の人口も増えてきました。となると訪問看護をする家庭も増えるでしょう。訪問看護師等の需要が増すことは目に見えています。

・・・つづきはこちら

宅介護支援を受けることにより充実した介護が受けられるでしょう。自宅で介護を受けたいと希望する高齢者が頻出している現代、こういったサービスの需要は増すばかりでしょう。

・・・つづきはこちら

看護小規模多機能型居宅介護は、自分が施設に出向くこともあれば、逆に訪問介護もしてくれるというサービスです。小規模のタイプや複合型タイプがあるため、必要に応じて選択しましょう。

・・・つづきはこちら

介護福祉士は、現場の中心的ポジションの職業として幅広い業務を行います。利用者の介助、介護や、レクリエーションの準備、家族からの相談に応えるなどしてスケジュールをこなします。

・・・つづきはこちら

社会貢献度の高い職業として知られる介護福祉士になるためには、まず受験資格を得るためのスキルを獲得しましょう。5年以上の現場実務実績を持つことなどが条件となっています。

・・・つづきはこちら

介護業界の中でも、特に就職に有利だといわれている資格がいくつか存在しています。特に代表的なものは、介護福祉士や介護支援専門員でしょう。まずはスキルを習得し、受験を目指しましょう。

・・・つづきはこちら

介護職の勤務先には、利用者が自宅で生活する在宅介護系施設と利用者が施設に入居する施設介護系があります。介護のスタイルや夜勤不可などの生活スタイルによって自由に勤務先を選べます。

・・・つづきはこちら


介護業界では、正社員よりも派遣社員のほうが給料も高く自由度の高い勤務ができます。自分自身のライフスタイルにあった勤務先を選べるので、正社員よりも派遣社員がお勧めです。

・・・つづきはこちら

介護職に向いている性格やタイプは、明るく優しい、少し内向的などが挙げられますが、何よりも大事なのは利用者に対して敬意を抱けること。サービス内容よりも人間性が大事なのです。

・・・つづきはこちら

介護福祉士は介護系資格の中で唯一の国家資格。資格を取得するためには養成施設を卒業する、福祉系高校を卒業または実務経験3年以上を積んだうえで国家試験に合格する必要があります。

・・・つづきはこちら

ガイドヘルパーとは『移動介護従事者』のこと。障害を持つ人の移動を介助して自立支援を行うのが主な業務です。自治体が開催する講座で取得できるので、スキルアップのための取得が人気です。

・・・つづきはこちら

介護予防運動指導員は、軽運動を通じて高齢者が本来持っている身体能力を向上させ要介護状態にならないよう指導する資格。介護福祉士等の専門職しか取得できないので非常に重宝される資格です。

・・・つづきはこちら

高齢化社会の影響で介護に注目が集まってきています。その中でも介護職員初任者研修という資格は比較的簡単な割に、実用的だと評判です。ホームヘルパー2級が名称や内容を変更した資格です。

・・・つづきはこちら

介護系の仕事に就きたいけど無資格だし未経験だから無理と思うのは間違いです。介護に関する仕事のほとんどは無資格の人でも全く問題ありません。むしろ無資格の人も大歓迎という状況です。

・・・つづきはこちら

介護の現場は需要過多気味で働く人が足りていません。ですから子育て中のお母さんであっても問題なく雇ってもらえますし、働く側が要望を出した場合は応じてもらえる可能性も高いです。

・・・つづきはこちら

介護施設で常勤の介護士として土日祝休みの勤務体制で働くことは難しいと思われます。しかし、非常勤なら需要はたくさんありますし、施設自体が休みの職場もゼロではありません。

・・・つづきはこちら

介護施設では早番無しのシフトでもたくさんの求人があります。早番無しのみが条件とするなら、日勤~夜勤が可能ということですからむしろ需要は多く、選択肢も多いことでしょう。

・・・つづきはこちら

介護士にとって夜勤は嫌なイメージが強いかもしれませんが、夜勤専従の介護士もいます。夜勤業務は高給で穴場の勤務体制とメリットも多いですが、デメリットもあるためよく考慮しましょう。

・・・つづきはこちら

24時間体制の介護施設で日勤のみは厳しいですが、デイサービス・デイケア施設なら夜勤そのものが存在しません。ただし、派遣やパートなら日勤のみの仕事の選択肢は豊富です。

・・・つづきはこちら

介護の仕事は労働力に見合わない給料だと言われていますが、介護士の給料はなかなか上がりにくい現実もあります。そこで、介護士の給料を上げる方法を8つご紹介しましょう。

・・・つづきはこちら

将来的に介護の現場での仕事を辞めて他の介護関係の仕事に就きたいと考えている人は、介護事務やガイドへルパーなど現場の経験を活かせる資格を取得しておくと転職に有利に働きます。

・・・つづきはこちら

介護業界は比較的年齢が高くても採用されやすく働き続けやすいのがメリットです。要介護者と年齢が近いことで質の高い介護が生まれます。年齢が強みとして活かせるのが介護の仕事です。

・・・つづきはこちら

スクワットは全身の筋肉に効くトレーニングで、バランスをとる時に重要な腹筋や背筋など体幹部分を鍛えます。バックブリッジは脊柱起立筋を鍛えるので、介護従事者に多い肩こりを予防します。

・・・つづきはこちら

介護職は専門職ですが、介護職は名称独占、看護師は業務独占である点が大きな違いです。看護師への転職理由で目立つのは年収差のほか、介護職は医療従事者の指示に従うことへの不満などです。

・・・つづきはこちら

介護施設の仕事は楽ではありませんが、通常の業務をはるかに超えて過酷な業務を任されるブラックな施設も存在しています。ブラック企業の特徴に当てはまるなら早めに転職を考えましょう。

・・・つづきはこちら

大変な業務であるイメージが強い介護の仕事ですが、大変だからこそ通常のバイトよりも高時給が期待できます。特に派遣で働く場合には、給与面でかなりのメリットがあるようです。

・・・つづきはこちら

日本の高齢化の波はとどまることを知らないので、介護士の需要は増しています。海外でも同様の高齢化の傾向が見られるので、日本で経験を積んだ介護士が海外で仕事をするチャンスもあります。

・・・つづきはこちら

労働に見合っていない賃金の低さが原因で介護職員が少ないのが現状ですが、介護職員処遇改善加算という取り組みによって、給料・待遇をこれよりもさらに手厚い支援を受けられることになります。

・・・つづきはこちら

転職の際に介護業界ではキャリアなどではなく気持ちを重視する傾向にあります。ですので、履歴書にありきたりな文章やあいまいな言葉を書いてしまうと、あなたの魅力が伝わりません。

・・・つづきはこちら

介護業界は「清潔感」が必要です。清潔感が感じられる履歴書用証明写真を撮影しましょう。マナーがない写真で不採用という結果を避けるためにも、履歴書用証明写真は大切です。

・・・つづきはこちら

介護業界に就職するのであれば、労働環境の改善にも力を入れているところを選ぶべきです。最近は人材を確保するために少しずつですが、労働環境が改善されている職場が増えています。

・・・つづきはこちら

混合介護は介護保険のサービスを受けながらこのサービスではカバーされないより高品質の介護サービスを希望によって自費で受けるいわば混合型のサービスのことを言います。

・・・つづきはこちら

介護職員処遇改善加算はその施設が介護職員のことについて、どれくらい大事にしてくれているかを推し量るバローメータになるといえます。評価制度が整備されつつあるといえるでしょう。

・・・つづきはこちら

特別養護老人ホームに勤務する介護の業務は、臥床介助、食事介助、排せつの介助やオムツの交換、入浴介助といった利用者の基本的な生活のサポートや、レクリエーション活動などを行います。

・・・つづきはこちら

多くの有料老人ホームは介護に特化して仕事ができる施設です。利用者の生活をより充実させるケアをしたいと希望する人にとっては、やりがいを感じることができるでしょう。

・・・つづきはこちら

介護者にとって腰痛は職業病です。予防・軽減するためには毎日のストレッチや体操などが大事です。また、介助の仕方を考慮して行うボディメカニクスを習得して予防をしましょう。

・・・つづきはこちら

介護の仕事は簡単な仕事ではないため心構えが必要です。高齢者の生活補助をする仕事ですが、大切なことはやってあげているという気持ちではなく、働かせてもらっているという気持ちでしょう。

・・・つづきはこちら

介護の仕事には、訪問介護と施設介護の二つがあります。訪問・施設それぞれにメリットとデメリットがあるため、自分がどちらに向いているのか確認しておくといいでしょう。

・・・つづきはこちら

介護派遣で働くことのメリットの一つは、仕事をする期間や勤務先などを決めることができます。自分の生活スタイルに合わせて仕事することが可能です。主婦や副業をする人にもおすすめです。

・・・つづきはこちら

介護施設の求人は多いですが、離職率の高い職場を選ばないように気をつけましょう。職員の対応や休日の有無などしっかりと調べて問題のある施設に就職しないように気をつけましょう。

・・・つづきはこちら

介護の資格を有している人は様々な働き先がありますが、大学病院もメリットが多い職場の一つで、働くことによって優遇される特典などもあります。介護士にとって働きやすい就業先でしょう。

・・・つづきはこちら

介護の資格を取得する人は多いですが、職種によって平均年齢は違います。いずれにしても介護の世界では男女比が女性のほうが多いので、これから男性が進出していく余地が大きい職種です。

・・・つづきはこちら


  • 簡単エントリー
  • お仕事ストーとまでの流れ
  • 先輩の声
  • 採用ご担当者様へ
  • 派遣で働くメリット
  • 介護求人のe介護転職
ページトップへ