介護士の転職 女性の転職 男性の転職

お問い合わせはこちら

ブログ

介護士の転職 女性の転職 男性の転職

2019/05/09

介護士の転職 女性の転職 男性の転職 

私は年に何人もの介護士と面接をさせていただくのですが、時々履歴書を見てこの方はちょっと採用は・・

という場合があります。どんな履歴書か・・

職歴の欄に書ききれないほどの介護施設の名前が列挙されている履歴書です。

特養や老健は勿論、病院やデイサービス、有料といった様々な介護施設を転々とされていて、短い施設では

2か月、長い施設でも6ヶ月程度で退職をしている。そういう職歴の履歴書を見ると、採用をためらってしまう

のは正直なところです。勿論一つ一つの退職理由をお聞きし、人柄や、介護の仕事に対する思い等もヒアリング

をして、採否は総合的に判断はしますが、転職回数というのはやはり気になるところです。回数が多いとなると

それは尚更です。

これまで様々な介護士の方との面接を行い、ヒアリングをしてきたなかで、介護士の転職理由には、女性の転職理由

と、男性の転職理由にはそれぞれ女性ならでは、男性ならではの理由があると感じています。

介護士の女性の転職理由としては、やはり一番多いのが人間関係です。以前のブログでも触れたと思いますが、

               (男性でも意外と多いのですが)

職員間の人間関係によるトラブルが原因で転職を決める介護士は多いです。高圧的な態度を取られる、無視をされる、

冷たくされる、理由は様々ですが、人間関係が上手くいかなと仕事は大変ですよね。

また結婚や出産、育児などで転職を考える方も多いです。保育園等の都合でどうしても勤務の時間的な制約を受けやすく、

早番、遅番、夜勤、土日祝日の出勤といったシフトをこなすのは状況的に難しくなってしまいます。そうなると、

特養や老健といった施設から、デイサービス等の事業所に働く先を求めなくてはならず、転職に至る方も多くいます。

男性の介護士の転職理由としては、一番多いのは給与面での不遇です。特に結婚を考えての転職は多く感じます。

家族ができて養うためにも今よりももっと給与や福利厚生が良い所を求めて転職を希望する方は多いと思います。

また介護士としてのステップアップの為に転職をする方。例えば、それまではデイサービスで勤務をしていた方が、

もっと身体介護のスキルを身に着けていきたいと特養や老健、療養型の病院への転職を希望するケースもあります。

この様に、女性の転職理由、男性の転職理由、それぞれ並べて見てみるとなるほどと思える理由ではないでしょうか。

ただ、個人的には、転職の回数は少ない方が良いかなと思います。

先程書きましたように、職歴欄に書ききれない程の施設名があると、この人は我慢するという事をしないのかなぁと、

次に務める先も、すぐに辞めてしまうのだろうなぁと思ってしまいます。

女性の介護士も、男性の介護士も、転職を決める前に、今一度今いる施設で頑張れないのか、自問自答してみて下さい。

どんな職場にも不満はつきものです。壁を乗り越える力をつける事も重要かなと思います。