社会福祉法人の介護求人 社会福祉法人とは

お問い合わせはこちら

ブログ

社会福祉法人の介護求人 社会福祉法人とは

2019/05/14

社会福祉法人の介護求人 社会福祉法人とは

GWも終わり5月も中旬を迎えました。弊社が所在する横浜市金沢区では今日は朝から雨と、雷が鳴っています。

息子たちは雷にビビりながら学校へ行き、私も雷におびえながら事務所に向かい、日課であるブログを書いている

所です。もう1ヵ月も経たないうちに私の一番嫌いな季節、梅雨がやってきます。

我が家では私は洗濯係りを拝命していますので、尚更のこと梅雨の時期は本当に嫌なものです。

洗濯には向いていない時期ですが、実は介護求人からの応募は意外と伸びる時期でもあるんです。

雨で休日に出かけることなく、スマホをいじる時間が増え、介護求人をチェックする時間も増えるのでしょうか・・

 

介護の求人を見ていると、特養、老健、有料老人ホームといった介護施設の種類が必ず記載されていますが、

その施設を運営している運営母体事業者も必ず記載されています。

皆さんはどこまで気にして見ていますか?

 

介護施設を運営している法人には、社会福祉法人、医療法人、営利法人といった法人があります。

どういった法人で勤務しても、介護士の仕事としては大きな変わりはないと思いますが、時々、面接の際、それぞれの法人の

違い等を質問されることがあります。中でも多いのは社会福祉法人についてです。

今回は、社会福祉法人って何?という所を書きたいと思います。

 

社会福祉法人とは、社会福祉事業を行う事を目的として、社会福祉法に基づき設立された法人の事をいいます。

簡単にいうと社会福祉事業を行う法人ですね。

社会福祉事業とは特養や、児童養護施設、障害者支援施設等の第一種社会福祉事業と

保育園、デイサービス、訪問介護等の第二種社会福祉事業のことで、介護士の仕事は第一種、第二種事業の両事業になります。

その他、公益事業も行います。老健、有料老人ホームの運営や、人材育成事業等が公益事業にあたり、

収益事業として、貸しビルや駐車場経営、公益施設内での売店の経営も行います。

 

面接等をしていると、「社会福祉法人って営利法人の様に利益を出したらダメなのではないですか?」といった質問をされることがありますが、

利益を出してたらダメということではありません。そもそも社会福祉法人も「法人」です。「法人」である以上、当然軽費がかかります。

その経費は利益から捻出しなければ運営はできませんよね。営利法人と大きく違うのは、利益を分配してはならないという点が大きく違います。

 

介護の仕事をしていくうえで、もし正職員になるとした場合は、入社先がどういった施設で、雰囲気はどうか、人間関係はどうか、という事を

大きな判断材料にすると思います。法人の種類も判断材料として検討してみてもいいかかもしれません。