異業種からの転職  [ 横浜で介護士の求人を行っているD.Mプレステージ ]

お問い合わせはこちら

ブログ

異業種からの転職  [ 横浜で介護士の求人を行っているD.Mプレステージ ]

2019/06/10

異業種からの転職が多い介護士

異業種からの転職 介護士

週末から雨が降り続き、今週もずっと雨予報が出ています。

いよいよ梅雨らしい天気になってきました。

梅雨の6月という時期は、派遣先の施設様からの介護士派遣のご依頼が多い時期でもあります。

 

5月連休明けから退職者が出始め、不足した人員の確保の為、弊社にもご依頼が来るという流れが

毎年ある様に感じています。

施設から施設へ転職をする介護士は多いと思いますが、介護とは全く異なる異業種からの転職者も

実は非常に多く、半数以上の方が異業種から転職をして来ているというデータがあります。

皆さんの今の職場で働いている介護士の方、、前職は介護の仕事ではなかったという方が多いのでは

ありませんか?

 

 

 

 

弊社のスタッフで考えてみても、ずっと介護のお仕事だけをやって来ましたというスタッフより

以前は違う職業でしたいうスタッフの方が、圧倒的に多いです。

 

IT系の仕事からの転職者や、保険の外交員からの転職、飲食店や工場といった職場からの転職、

その業種は様々です。

 

介護の業界への転職を考えた理由としては、女性と男性とで、その転職理由は大きく違います。

男性の場合は、ドライバーや工場からの転職者が多く見受けられ、「長く安定して働く事が出来そう」

「手に職を付ける事が出来る」「将来的に自分で介護事業所を立ち上げる勉強の為」という様な転職

の理由が多く、女性の場合は、「前から興味があった」「お年寄りが好きでやってみたいと思っていた」

「人の役に立てる仕事をしてみたいと思った」等の理由が多かったと思います。

 

介護業界への転職が上手くいった人、いかなかった人、それぞれだと思います。

 

もし、このブログを読んで下さっている方の中に、これから介護の業界へ転職しようとお考えの方が

いらっしゃいましたら、是非参考にして下さい。

介護の仕事は、誰でも出来そう、簡単そうといった間違えた考えは持たないようにしてください。

介護に対する正しい知識や技術の習得は勿論、日々の業務も同じことの繰り返しの様で、状況に応じて

臨機応変に対応しなければならない事も多いです。

利用者様の変化や、危険を前もって察知する洞察力や、とっさの出来事への判断力も求められます。

ご家族への対応や、職員間の報告、連絡、相談。

本当に大変な仕事だという事を認識してから介護の仕事への転職を決めて欲しいと願います。

 

介護施設間での転職も大きな不安や負担がある中、異業種からの転職となれば、それは尚更の事でしょう。

転職が上手く行く一つの要因には、上記の様なこともあると思います。

介護の仕事は大変な事も多いですが、人から感謝をされる素晴らしい仕事でもあります。

 

同業種間、異業種からの転職、どちらの方達の転職もその方にとって良かったと言えるものになって欲しいです。

 

 

 

 

 

 

 



DMプレステージ(株)では横浜以外のエリアでも介護士を募集しています

東京23区川崎市横須賀市逗子市鎌倉市藤沢市で介護のお仕事をお探しの方もお問い合わせ下さい