介護療養型医療施設とは 「 横浜市を中心に介護士の求人を行っているD.Mプレステージ ]

お問い合わせはこちら

ブログ

介護療養型医療施設とは 「 横浜市を中心に介護士の求人を行っているD.Mプレステージ ]

2019/06/21

介護療養型医療施設とは

介護療養型医療施設とは

弊社は介護士専門の人材派遣会社として事業を行っています。

採用する人材はもちろん介護士、看護師、派遣する先は介護施設や病院、有料老人ホームといった施設になります。

 

派遣先施設の種類の割合としては、特養、老健が7割、有料老人ホームが1割、デイサービス等が1割、

介護療養型医療施設(療養型病院)が1割といった感じです。

 

ここまでのブログでは特養や老健、デイサービス等について、どいうった施設なのかを書いてきました

今回のブログではまだ詳しく触れていない、介護療養型医療施設について書きたいと思います。

 

「介護療養型医療施設」とは、医療的管理の必要な65歳以上で要介護度1以上の認定を受けている方を受け入れる為の施設です。

急性期の治療が終わり、病状が安定し長期の療養が必要とされる方、もしくは、家庭の事情などにより自宅や他の施設で介護を

受ける事が困難な方が入所者の大部分を占めています。

基本的に、入所している方は要介護度の高い、重度介護者が中心になっている施設が多いと思います。

 

介護療養型医療施設の大きな特徴として、特別養護老人ホームや老人介護保健施設、グループホームといった介護施設に比べ、

医療的な管理体制が高いレベルで整っている所です。

例えば、義務とされる医師の配置数も、入所者さん100名に対して、医師3名配置されています。

ただ一方で、医療的なケアが充実してはいますが、生活支援サービスやレクリエーション等の活動はほとんどされていません。

 

利用する方にとっては、特養や老健に比べて、医療体制の充実度が高い分、費用も高くなる傾向にあります。

 

介護療養型医療施設における介護療養床の新設は現在認められておらず、今後廃止の方向に向かって数年前より議論がされています。

廃止後は新型老健への転換が予定されていますが、2019年現在、ほとんど進んでいないという現実もあるようです。

 

働く施設としては、特養、老健よりも重度の要介護者へのケアが中心になりますので、個々の介護士にもそれなりの介護スキルが求められる

職場になる事は間違いありませんが、自身のスキルアップを目指したい方にとってはとても良い勉強の現場になるのではないでしょうか

 

弊社の派遣先にも「介護療養型医療施設」はございますので、ご興味のある方は一度お話しを聞きにいらして下さい。

DMプレステージ(株)では横浜以外のエリアでも介護士を募集しています

東京23区川崎市横須賀市逗子市鎌倉市藤沢市で介護のお仕事をお探しの方もお問い合わせ下さい